東京の鉄道網の南北縦線二つ目|JR埼京線

東京の鉄道網の南北縦線二つ目|JR埼京線

東京の南北を縦に斬る第二の刺客 JR埼京線

これはガチで刺客ですから!

どういう意味かって?

それはこれからじっくりと解説しますからご心配なく!

「笑顔 イラスト」の画像検索結果

 

埼玉県からの第二護送船

埼京線は昭和60年、1985年に開通した新しい路線なんです。

 

「埼京線」の画像検索結果

 

京浜東北線が山手線の円の右側の南北接線であるのに対して、

埼京線はその反対の左側の南北接線なんです。

 

 

北の起点は京浜東北線と同じ大宮、

南は東京都品川区の大崎となります。

大宮以北は川越線となり、大崎以南はりんかい線直通乗り入れとなります。

 

埼玉県民の長年の悲願であった埼京線の開通、それまでは京浜東北線しかルートが無く、必然的に東京へのアクセスは限られていました。

 

また、新宿や渋谷や池袋へは乗り換えが不便だったのでで、暗に埼玉県民を遠ざけていたようなふしも有ります。

 

とにもかくにも、埼玉県民積年の鬱憤を晴らしたのがこの埼京線であり、また埼玉県民の東京への流入に拍車をかけたのもこの埼京線なんです。

まさに第二の刺客です!

 

 

埼京線の雰囲気は?

ズバリ痴漢多発の殺伐路線です。

 

 

どうしてなんでしょう?

この路線は怪しからんことに痴漢多発路線なんですよ!

よくテレビ番組でも特集してますよ、鉄道警察密着24時!なんかで。

そのほとんどが埼京線での痴漢現行犯逮捕ですね。

もちろん大部分は善良な市民なんですが、このような変態の割合が他の路線より高いですね。

最近では電車内に防犯カメラを漏れなく設置するなどの防衛策で件数は減ってきていますが、なんとも怪しからん話ですね。

 

 

それ以外は極めて普通というか、地味というか、当たり障りのない住宅地と町工場が広がる沿線です。

 

埼玉北西部から池袋、新宿、渋谷、お台場方面に直通なので通勤には便利な路線ですが、

通勤ラッシュは相当なレベルなのでそれなりの覚悟は必要です。

 

 

埼京線沿線の駅別キャラクター

それでは恒例の駅別キャラクター分析です。

沿線住民の皆さん、毎度ですがこれは私の個人的見解です。

違うワイ!と思っても、そこはひとつ寛大にお願いします。

 

ちなみに京浜東北線で既に紹介した大宮と赤羽はここでは割愛させていただきますのでご了承下さい。

 

北与野・与野本町・南与野

無表情三都物語!

良い意味で何もないことの有り難みを感じさせてくれるこの3つの街

高架式の線路のまわりには団地やチェーンの飲食店がまばらにあるだけです。

 

 

何もないので犯罪もほとんど無い安心な街でもあります。

平凡なファミリー層が黙々と生活するには良い街です。



 

中浦和・武蔵浦和

浦和の陰に咲く街!

京浜東北線の浦和と南浦和まで自転車で15分圏内の

中浦和と武蔵浦和

あちらを光とするならこちらは陰。

 

 

しかし浦和駅と中浦和駅の間には埼玉県庁があるんです!

別所沼公園や秋ケ瀬公園など広い公園があるのでウォーキングなど気分転換にはもってこいです。

ここもファミリー層が多い静かな街です。

 

 

北戸田・戸田・戸田公園

水辺の戸田ファミリー

1964年の東京オリンピックでボート競技場となった戸田公園を中心にした水辺の街です。

夏には河川敷で戸田橋花火大会という大規模な花火大会があります。

 

 

ここからなら池袋まで20分ほどなのでかなり都心に行くには便利ですよ。

こちらもファミリー層が多いマンション地帯です。




注意点は、九龍城の蕨がお隣ということです。自転車で15分くらいで近いです。

とはいえ戸田には繁華街は無いので基本的には平和な街です。

 

浮間舟渡・北赤羽

団地と高架下竪穴住居

大宮からここまでの埼京線沿線はまさにこんな感じの光景なのですが、こちら浮間舟渡と北赤羽はその真骨頂と言えるでしょう。

 

 

都心にもかなり近いので住宅密集感が半端ないです。

また、都心にも近い分段々と怪しげな人の割合が増えてきます。



赤羽

こちらは、京浜東北線で紹介しましたのでこちらをご覧下さい。

 

十条

十条十色(十人十色)な多国籍街

なぜかバングラデシュ人が多い街です。そしてコリアンも多い街です。朝鮮学校があるので納得です。

十条銀座は東京三大商店街のひとつです。美味しくて安いお惣菜屋さんや庶民的な居酒屋が軒を連ねています。

 

 

池袋こらわずか二駅という便利さも魅力的ですね。



板橋

カオスの前の静けさ

次の駅はあの池袋なのに、この嘘のような静けさは一体・・。

ここ板橋は静かな住宅地、しかし隣は東京カオスの重鎮の1人、池袋親分なんです。

都営三田線の新板橋駅東武東上線の下板橋駅も使えますので便利ですよ!

 




そして池袋・新宿・渋谷・恵比寿・大崎

ここから先は山手線との並走区間、そして言わずと知れた巨大ターミナル駅です。

これらの街については、とてもここだけでは書ききれませんの、専用ページでじっくりとご紹介していこうと思います。

 

 

埼玉からの希望と欲望を運ぶ最強路線が埼京線なのかもしれません

こんな埼京線、どうですか?

埼玉県内の沿線はファミリー層が多い住宅地なので住みやすい方だと思います。

家賃も全体的に控えめなのでお財布には優しい路線です。

 

しかし、怪しからん電車内の痴漢は止めて貰いたいもんですね!

警察とJRの皆さんのご苦労には本当に頭が下がります。

 

長年の埼玉県民の鬱憤がこのようなかたちで噴出したのでしょうか?

であれば、すぐにそんなことやめて、早く未来に向けて東京を目指してほしいものです。

埼京線は埼玉県民の希望を運ぶ路線なのですから!