お江戸お祭りワッショイ路線|都営地下鉄浅草線

お江戸お祭りワッショイ路線|都営地下鉄浅草線

お江戸浅草日本橋・スカイツリーに東銀座

偶然ですが、今日は朝からこの都営浅草線止まってますね・・。

通勤通学時間帯に大変ですねえ。

しかしいつもはそんな暗い話題とは無縁のお祭りワッショイ路線がこの都営浅草線なんです!

 

「ワッショイ」の画像検索結果

 

特に外国人観光客に優しい路線がこの都営浅草線だなと私は思うんですよ。

 

都営浅草線って?

この都営浅草線、文字通り運営は東京都の交通局、つまり東京都が運行する地下鉄なんです。

 

「都営浅草線」の画像検索結果

 

東京メトロとは運営母体が違いますので、乗り換えの際に料金が別途発生するのでそこは注意してください。

 

都営浅草線はスカイツリーのお膝元の押上から大田区の西馬込を結ぶ18.3キロの路線なのですが、押上からは成田空港へと続く京成線に直通運転していますし、一方で泉岳寺からは京急線に直通運転して羽田空港にまで行けてしまうんです!

 

「都営浅草線 路線図」の画像検索結果

 

ですので外国人観光客には最高に便利な路線なんです!

羽田か成田に到着してその足で京成線か京急線に乗って、都営浅草線沿線の駅で東京観光名所を満喫、そして帰国、ということができてしまう実に外国人観光客にフレンドリーなんですよね。

沿線の駅が本当にお江戸スポット満載のお祭り感に溢れた明るい地下鉄なんですよ。

 

都営浅草線の駅別キャラクター

それではいつものコーナーです。

これはいつものことですが筆者独自の視点です。

ゆえに、

 

このスットコドッコイ!

「江戸の火消し」の画像検索結果

 

と思っても、そこはお祭り気分に免じて許して丁髷!

 

「江戸 祭り」の画像検索結果

 

 

押上

こちら半蔵門線のページで詳細をご覧ください。

ここが都営浅草線の起点であり終点です。

 

本所吾妻橋

スーパードライな街

 

「アサヒビール 本社」の画像検索結果

 

と言っても冷酷という意味ではなく、あの有名なビールの本社の街ということです。

ビールジョッキを模したあの本社ビルがすぐそこです。

ビルの横にう○こオブジェが有りましたが、なぜか2017年11月に姿を消しました・・。

しかし隅田川を眺めながら飲むスーパードライは最高にうまいっす!

 

関連画像

 

街並みはまさに下町お江戸、家賃もけっこうお手頃ですし都心まであっという間なので住むにはいい所ですよ!

ただちょっと住宅が密集してるかなあ・・。



浅草

こちらは銀座線のページで詳細をご覧ください。

この都営浅草線の名前にもなっている世界的観光地浅草、専用ページで後日じっくりとご紹介しようと思います。少々お待ちを。

 

蔵前・浅草橋

江戸職人の問屋街と隅田川リバーサイド

 

関連画像

 

ちなみに蔵前には以前国技館があったんですよ。

相撲・国技館と言えば今では両国ですが、1949年から1984年まで35年間はこちら蔵前だったんです。

問屋街ということで、ここでは日本人形やアクセサリー類、そして造花や革製品の材料など、プロ仕様の珍しいものが沢山手に入る職人の街なんです。

隅田川沿いのこの問屋街、これもまた江戸の情緒を味わえるベストスポットなんです!

ここはもはや都心といっても良いくらいの位置なのですが、お家賃はそこそこお安いのでねらい目かもしれません。

アキバも総武線で一駅ですしね。(浅草橋についてはこちらにも記述がありますのでぜひご参照ください。)

徒歩でも10分位です。

あと、蔵前駅には注意点があります!

乗り換えのできる都営大江戸線の蔵前駅は離れたところにあります!

一旦駅の外に出て歩いて移動する必要があるので要注意です!



東日本橋

こちら、総武・横須賀快速線の馬喰町と同じ駅です。

詳細はこちらをご参照ください。

都営新宿線の馬喰横山とも同じ駅で乗り換えもできますよ。

ただし、ちょっと歩きますので乗り換えには10分くらい見たほうが安全です。

 

人形町

こちら日比谷線のページで詳細をご覧ください。

お江戸東京をしっぽりと味わえるスポットです。

 

日本橋

こちら銀座線のページで詳細をご覧ください。

銀座線と東西線に乗り換えできますが、ちょっと歩きますので要注意です。

 

宝町

知られざる画廊・ギャラリーの街

「京橋 画廊」の画像検索結果

 

ここ宝町は銀座の北端であり日本橋の南端のエリアなんです。

そして街中に目を凝らすと、素敵な絵画が飾られたギャラリーが多くあることに気づきます。

まさに宝町!

お宝に巡り合えるかもしれませんよ!

銀座エリアなので住むにはかなりハードルは高いですね・・。

 

東銀座

こちら日比谷線のページで詳細をご覧ください。

 

新橋

こちら銀座線のページで詳細をご覧ください。

 

大門(浜松町)

増上寺とモノレール

 

「大門」の画像検索結果

 

大門はJRとモノレール羽田線の浜松町駅とつながっています。

羽田空港へ行くのであればそのまま都営浅草線に乗ったほうが圧倒的に楽ですね。

 

あとはなんといっても増上寺です!

 

「増上寺」の画像検索結果

 

徳川将軍家の菩提寺である増上寺は圧巻です!

ぜひともお参りされてはいかがでしょうか?

ちなみに東京タワーは増上寺のすぐ裏手ですよ。

他にはいたって普通のオフィス街といった街並みで、住むというより通勤する場所という感じですね。

 

三田

こちらは、都営三田線のページをご参照ください。

泉岳寺

赤穂義士と忠臣蔵の聖地

 

「泉岳寺」の画像検索結果

 

赤穂義士と忠臣蔵と言えば日本人なら誰しも知っていることでしょう。

その赤穂義士の皆様が眠るのがここ泉岳寺なんです。

この聖地には全国から今日も参拝客が訪れます。

羽田空港方面へ行く場合、もし乗っている電車が西馬込行きであればここ泉岳寺駅で京急品川方面に乗り換える必要があります。

「泉岳寺 乗り換え ホーム」の画像検索結果

 

高輪台

プリンスホテルの裏口

 

「高輪台 駅周辺」の画像検索結果

 

あの品川駅前に広がるプリンスホテル群、そのちょうど裏手がこの高輪台なんです。

台と言うだけあって、品川駅からは上り坂をひたすら登っていくのでけっこうしんどいです。

 

「品川プリンス 高輪 坂」の画像検索結果

 

他にはこれといって何もありませんが、昔からの高級住宅街が駅周辺に広がる街です。

あと、明治学院大学の白金キャンパスがあります。

高輪と言えば都内でも屈指の高級住宅地ですから家賃はそれなりにしますよ。



五反田

城南歌舞伎町

 

「五反田 繁華街 夜」の画像検索結果

 

ということで、ハイソでオシャレな城南地区のイメージにそぐわない猥雑な雰囲気を醸し出しているのがここ五反田です。

 

「五反田 風俗街」の画像検索結果

 

と言っても、その下町感には味があってそれがまた良いところなんですけどね。

10分も歩けば高級住宅地の高輪なので、本家の歌舞伎町から見ればカワイイものです。

 

戸越

戸越銀座と国道1号線

 

「戸越」の画像検索結果

 

国道1号線という巨大幹線道路沿いに広がる住宅街、それがこちら品川区の戸越です。

戸越銀座商店街といえば最近では観光スポットとしても有名な商店街ですが、そこから徒歩5分くらいのところにこの駅はあります。

ですので、東急池上線の戸越銀座駅も使うことができまよ。

 

「戸越銀座駅」の画像検索結果

 

住宅地なのでそこそこリーズナブルな家賃の物件がありますし、買い物はまさに戸越銀座商店街のお膝元なのでとても便利です。



中延

城南下町ラプソディー

 

「中延 商店街」の画像検索結果

 

中延と書いて「なかのぶ」と読みます。

品川区なのでおしゃれなイメージの城南地区に入るのですが、ここ中延は駅前に大規模な商店街が伸びる実に下町感にあふれた人情タウンなんです。

戸越銀座商店街も良いですが、こちらの中延商店街もかなり大規模で便利ですよ。

アーケード街で屋根があるので雨の日も安心です。

東急大井町線も利用できるので、自由が丘や中目黒にも近いのもうれしいですね。

住宅地でリーズナブルな物件も豊富にあるので、若い一人暮らしの方にはおすすめしたいと思います。



馬込・西馬込

下町ロケットと住宅街

 

「西馬込 街並み」の画像検索結果

 

まさにあのような下町の工場が多くあり、その周辺には庶民的な住宅街がひろがるのがこちら、大田区の馬込と西馬込です。

西馬込はこの都営浅草線の始発であり終点、その先は行き止まりなので、朝の通勤通学でどうしても電車に座りたい人は西馬込に住むことをおすすめします。

 

「西馬込駅 終点」の画像検索結果

 

ただし、都心の勤務先まで20分少々なので、立っていてもそこまで疲れませんけどね。

国道1号線が中心にあり、その周りに街が広がっているため、排気ガスとか車の騒音が苦手という方は避けた方がいいかもしれません。



ワッショイ路線で明るい東京ライフはいかがですか?

粋でしょう?

都営浅草線!

 

「江戸イラスト」の画像検索結果

 

東京都営だけあって、東京と江戸を意識したイナセな地下鉄に仕上がっていると思いませんか?

成田空港と羽田空港へ直通乗り入れしているといのも、実にインターナショナルでうれしいですね!

このお江戸東京の華やかさと味わい深さ、ぜひこの都営浅草線で味わってみてください!

 

関連画像